ダイビングログ

あきをと潜る!龍馬号ペリリュー!!@パラオ

2013年03月14日(木)

0

天候/気温:
/℃
風向き:
水温:
波の高さ:
m
透明度:
m
透視度:
m
ダイビングポイント:
あきをと潜る!龍馬号ペリリュー!!@パラオ あきをと潜る!龍馬号ペリリュー!!@パラオ あきをと潜る!龍馬号ペリリュー!!@パラオ
あきをと潜る!龍馬号ペリリュー!!@パラオ あきをと潜る!龍馬号ペリリュー!!@パラオ あきをと潜る!龍馬号ペリリュー!!@パラオ
あきをと潜る!龍馬号ペリリュー!!@パラオ あきをと潜る!龍馬号ペリリュー!!@パラオ あきをと潜る!龍馬号ペリリュー!!@パラオ

パラオからこんにちわ!第二弾!ペリリュー編

こんにちわ!さてさて今回も行って参りました。
あきをパラオ修行第2弾!ペリリュークルーズ!イレズミフエダイ産卵編です。

そう!今回は冬の時期のパラオ名物、
イレズミフエダイの産卵をペリリューに見に行くクルーズです。

そして嬉しいことに龍馬クルーズでは、
ペリリュー周辺エリアだけでなくゲメリス周辺も網羅しちゃいます。
なぜなら!新月周りに産卵するのはイレズミフエダイだけじゃない!
様々な魚の産卵も見ることが出来るのです。
今回のクルーズでは、そういった生命の神秘を余すことなく欲張りに潜っちゃいました。

まず、メインイベント・イレズミフエダイの産卵。
結果はもちろん大爆発!
長年現地ガイドが培ってきたデータと、
クルーズならではの機動力を生かした結果と言えるでしょう。

エントリーすると程良い流れ。
そんな中、ドリフトしてドロップオフの際を流していると、
突如として現れる、世界中から集まったイレズミフエダイの群れ!
見渡す限りの群れはおよそ数万単位。群れの端が見えないほどの大群です。
ドリフトしつつも、その群れは途切れることがありません。

そして時折その群れを割って現れるカマストガリザメ!
棚を見ればロウニンアジの群れが水深30mから水面近くまでを覆っていたりと、
息つく間もない大迫力の1本。
この迫力を言葉で伝えきれないのが本当に残念です。

大迫力の産卵シーンが終わった後も、
ペリリューだけでなく人気ポイントのBlueCornerやBlueHole、
NewDropOffそしてGermanChannelと言ったポイントを潜れるのがクルーズのいいところ!
やはり世界屈指のダイバー天国なだけあって、
そのポテンシャルの高さはどれも一級品です。
他ポイントではレアな光景もここでは当たり前になってしまうのですから!

NewDropOffのモンツキハギ、ブダイ、キヘリモンガラの集団産卵!
そしてその卵を狙いにタカサゴの群れが集まる、食物連鎖行動。

BlueCornerのギンガメアジの産卵。
ギンガメアジは夕方になるとペアになり、オスが体色を真っ黒にして雌にすり寄ります。
普段ではなかなか見ることが出来ない貴重な姿でした。

GermanChannelでは今回もマンタの捕食行動を見ることが出来ました。
今回も同じ場所をグルグル回っていたので長い時間じっくりと観察。
しかしながら、何度も言うようにGermanChannelの凄さはマンタだけではないんです!
ギンガメアジの群れに始まり、バラクーダの群れ、タカサゴの群れ!
そしてそれに突っ込むロウニンアジ、カスミアジ!どれをとっても半端ない!!

そして~今回はパラオの魅力を余すことなく、マクロも欲張っちゃいました。
BlueCornerではなんと10匹近くいる人気者アケボノハゼ。
NewDropOffではヘルフリッチのペアを水深30m近くで見れましたし、
スミレナガハナダイ、ニチリンダテハゼ、
そして赤っぽい体色に黒い縞模様が美しいフレームエンゼルフィッシュも見ることが出来ました。


次回のクルーズは、手付かずの海の自然が残るパラオの北側に位置するカヤンゲルクルーズ。
次回もなにが起きるか楽しみなクルーズとなりそうです。


だいぶぷらすTシャツ先行発売!!!  詳しくはこちら→http://www.mikomoto.com/logs/2013/03/007973.php


だいぶぷらす加盟店合同パーティー!! 詳しくはこちら→http://www.mikomoto.com/logs/2013/01/007924.php

MIKOMOTO HAMMERS(神子元ハンマーズ) powered by Youtube

MIKOMOTO HAMMERSチャンネル
Youtubeで過去の動画も公開しています。

コメントを投稿

 

このページの先頭へ戻る