ダイビングログ

あきをと潜る!龍馬号カヤンゲルクルーズ!!@パラオ

2013年03月21日(木)

0

天候/気温:
/℃
風向き:
水温:
波の高さ:
m
透明度:
m
透視度:
m
ダイビングポイント:
あきをと潜る!龍馬号カヤンゲルクルーズ!!@パラオ あきをと潜る!龍馬号カヤンゲルクルーズ!!@パラオ あきをと潜る!龍馬号カヤンゲルクルーズ!!@パラオ
あきをと潜る!龍馬号カヤンゲルクルーズ!!@パラオ あきをと潜る!龍馬号カヤンゲルクルーズ!!@パラオ あきをと潜る!龍馬号カヤンゲルクルーズ!!@パラオ
あきをと潜る!龍馬号カヤンゲルクルーズ!!@パラオ あきをと潜る!龍馬号カヤンゲルクルーズ!!@パラオ あきをと潜る!龍馬号カヤンゲルクルーズ!!@パラオ

こんにちわ!今回も行ってきました!パラオ龍馬号で行く大自然カヤンゲルクルーズです。

カヤンゲルクルーズと言っても、もちろん王道は外しません。
まずはゲメリス周辺で肩慣らしです。と言っても何とも贅沢な肩慣らしですが・・・
BlueCorner、BlueHole、GermanChannelは外せません。BlueCornerでは鉄板的なその圧倒的な魚影の濃さを見せつけられます。マダラタルミ、ギンガメアジはすでにレギュラーメンバーですね。もちろん人懐っこいナポレオンも忘れずに!
そして今回非常に珍しい光景をGermanChannelで見ることが出来ました。それはレオパードシャークです。一匹でも珍しいのに今回見たのは、二匹のレオパードシャーク!その二匹はこれから交接する直前なのでしょうか? 尻尾の先に噛みついて離れないのです。周りをダイバーに囲まれても砂地でじっと動かないで居るという珍しい光景でした。

そして徐々にカヤンゲルに向かうべく北上です。     
場所はウーロン島付近!UlongCriff、SiaesCorner、SharkCityと立て続けに潜り倒します! 
ここでもダイナミックなドロップオフにかかる心地よい流れに集まる幾重もの魚の群れ。そして捕食者!水中の食物連鎖の頂点サメが集まってきます。どこを潜ってもハズレナシ!
その中でも今回SharkiCityの中層に漂っていたバラクーダトルネードはハンパないものでした。

さらに龍馬号は北上しカヤンゲルです。
このカヤンゲルと言う場所は未だに開拓されていないポイントが数多く残っていて、なにがでるか分かりません!
そう言った意味ではまだまだ大自然が多く残るのでやはり他のポイントよりも珊瑚が非常にきれいな印象を受けました。    
その中でも安定力のあるカヤンゲル屈指のポイント!TailTop!
周りをドロップオフに囲まれたコーナーは入った瞬間にそのポテンシャルの高さを見せつけてくれました。
ウメイロの群れがお出迎えをして、カンムリブダイも群れてます!    
バッファローフィッシュの相性がまさにぴったり!大群で押し寄せては帰るの繰り返し。その迫力は見応えありです。そしてグレイリーフシャークやホワイトチップがうよつき、コーナーの先端にはギンガメアジの群れと贅沢なダイビングを堪能し、今回も無事にクルーズ終了しました。


だいぶぷらすTシャツ先行発売!!!  詳しくはこちら→http://www.mikomoto.com/logs/2013/03/007973.php


だいぶぷらす加盟店合同パーティー!! 詳しくはこちら→http://www.mikomoto.com/logs/2013/01/007924.php

MIKOMOTO HAMMERS(神子元ハンマーズ) powered by Youtube

MIKOMOTO HAMMERSチャンネル
Youtubeで過去の動画も公開しています。

コメントを投稿

 

このページの先頭へ戻る