ダイビングログ

絶海の秘境へ!銭洲ツアー報告!

2015年06月15日(月)

0

天候/気温:
雨のち曇り/22℃
風向き:
北東の風
水温:
17-20℃
波の高さ:
1.5m
透明度:
5-12m
透視度:
5-12m
ダイビングポイント:
銭洲 ネープルス エビ根 エビ根
絶海の秘境へ!銭洲ツアー報告! 絶海の秘境へ!銭洲ツアー報告! 絶海の秘境へ!銭洲ツアー報告!
絶海の秘境へ!銭洲ツアー報告! 絶海の秘境へ!銭洲ツアー報告! 絶海の秘境へ!銭洲ツアー報告!
絶海の秘境へ!銭洲ツアー報告! 絶海の秘境へ!銭洲ツアー報告! 絶海の秘境へ!銭洲ツアー報告!

石廊崎の南約75km、神津島の南西36km。
伊豆諸島最西端、つまりは外洋ど真ん中に位置し、
良い潮が当たることで古くから好漁場として知られ、
そこに入るダイバーは、年間100人にも満たないという、まさに絶海の秘境、銭洲。

気象条件が揃わないとなかなか行くことのできないこの場所。
今回は幸いにも凪に恵まれ、実に2年ぶりとなる銭洲ダイビングを楽しんできました!


まずは出発日。
神子元で回遊魚に囲まれるダイビングを楽しんだ後、
今回お世話になる神津島船籍の船に乗り込み、いつもの弓ヶ浜から出航です。

約2時間の船旅は、揺れもなく快適!
あっという間に神津島へ到着し、夕日を見ながらオーシャンビューの神津島温泉を堪能します。
民宿で旬の美味しい魚に舌鼓を打ち、お酒をお供に大物好きダイバー同士の話は尽きませんが、
明日の出航に備えて今夜は早目の消灯。

ダイビング本番の朝は4時出航。
約2時間ほど船に揺られると、大海原の真ん中にそびえ立つ巨大な岩礁群が見えてきました。
これが銭洲のシンボル、ネーブルス岩礁群の「大根」です。
神々しささえ感じる雄大な岩々。果たしてその根元には何が息を潜めているのでしょうか。

エントリー直前、水面にはなんとハンマーが!湧き上がる歓声、盛り上がる船上。
一体何に出会えるのか、これから始まる未知のダイビングに、高まる期待を抑えきれません!

期待と気合をこめてエントリー。
世界一フレンドリーと(勝手に)命名された銭洲名物カンパチ達がお出迎えしてくれます。
2mクラスの巨大マダラエイ達が水中をホバリングし、
花びらのようにひらひら舞うタカベの軍団は、さながら日本のサーディンラン!
それを狙うシマアジやカンパチ達の群れも迫力満点!
最後まで気の抜けない外洋ダイビング、常に中層へ気持ちを向けつつ、タイムアップのエキジット。

エントリー前の期待が高すぎたせいか、若干の消化不良感も否めませんが、
これがギャンブルダイビングの面白さでもあります。
次回のリベンジを誓いつつ、一行は帰路へ。

帰りも凪良く、心地よい疲れとともに睡魔に襲われ、あっという間に弓ヶ浜へ到着。
盛りだくさんの充実した銭洲トリップでした。

大好評につき、今年は9月平日に再度開催予定です!
ご興味のある方はぜひお問い合わせください!

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
重器材レンタル無料キャンペーンやってます!
初神子元の方やブランクありで不安な方はこちらへどうぞ!
http://www.mikomoto.com/news/2015/03/009579.php
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
ダブルポイントweek開催!!
有効期限直前の、最後の大盤振る舞い!!
【実施期間】2015年6月15日~6月30日 詳しくはこちら↓↓
http://www.mikomoto.com/news/2015/05/009676.php

MIKOMOTO HAMMERS(神子元ハンマーズ) powered by Youtube

MIKOMOTO HAMMERSチャンネル
Youtubeで過去の動画も公開しています。

コメントを投稿

 

このページの先頭へ戻る